インドとは何ですか - との差

インドとは何ですか

インドが好きなのは、インド人ではなく、新聞、テレビ、インターネットからこの国についてだけ学んだすべての人々の頭に浮かぶ質問です。インドは亜大陸の大きさであるアジアの巨大な国です。これは、面積では7番目に大きい国ですが、人口では中国に次ぐ国です。インドには古代文明と活気に満ちた文化があり、そこにはさまざまな宗教の人々が住んでいます。それは世界最大の民主主義国です。この記事は、インドのより明確な全体像を外界に提供しようとしています。

インドの地理と場所

インドは南アジアにありますが、それはヒマラヤによって大陸の他の部分から分離されています。それは中国、パキスタン、バングラデシュ、ビルマそしてブータンとその境界を共有しています。西はアラビア海に、西はベンガル湾に囲まれています。インド洋はこの広大な国の南にあります。国の最北端は雪で覆われた山々で覆われている一方、国はその西部から南部を含むその東部まで続く広大な海岸線を持っています。インドが中国との境界を共有する最も北の部分から、国の南端まで2000マイル以上を計る広大な土地があります。インドは独自の文化を持つ29の州の連合です。


インドの気候

巨大なサイズと地理的な特徴のために、インドにはさまざまな気候条件があります。インドの気候は、西にタール砂漠があり、北にヒマラヤ山脈があることに大きく影響されます。北部の国境に広がる広い山脈は、北インドの気候条件をより涼しく保ちますが、中央アジアからの寒くて凍った風が吹くのを防ぐ障壁としても機能します。インドの大部分を一年を通して暖かく晴天に保つのはこれらの山々です。インドの気候は場所と時期によって異なります。一般に、この国には夏、雨、冬の3つの季節があります。 3月に始まり6月末まで続く夏と10月末までに開始し3月まで続く冬の間に、モンスーンという雨季があります。この雨の呪文は、夏の間の猛暑からの解放をもたらします。冬はモンスーンが後退する頃にはじまる。

インドの文化

インドには、さまざまな言語を話し、さまざまな文化に従って10億人を超える人々が住んでいます。しかし、古代文明から発展した単一の統一文化を強調するための深い類似点があります。ヒンズー教徒はインドでかなりの数のイスラム教徒、クリスチャン、ジャイナ教徒、シーク教徒、さらには仏教徒さえもいますがヒンズー教徒は支配的な宗教グループです。事実、シーク教、ジャイナ教、仏教は、この広大な土地に設立された宗教です。異なる宗教に従うことにもかかわらず、インドの人々は多様性における統一の絵を提示して調和して生きています。

インドでの生活

宗教はインドの人々の生活の中で重要な役割を果たしており、その影響は生活のあらゆる面で見ることができます。宗教はまた、家族の価値観を長老を尊重し、今日でも共同家族で暮らす人々と無傷のままにするのに役立ちました。家族はお祭りや他のお祝いの間に集まり、個人の生活の中で重要なイベントは大きな熱意と情熱で祝われます。大多数のヒンズー教徒の人口の間で、これらの区別が時間の経過とともに大いにぼやけてきたけれども、古いカースト制度はまだ優勢です。死後の世界への信念や現在の行動に影響を与える過去の行為への信念は、依然として大多数の人々によって保持されています。一般的に、インドのほとんどの人は神を畏れており、幸運にも幸せになると表現できる行動をしています。インド人は習慣的な貯蓄者であり、インドの貯蓄率は世界で最も高い国の一つです。しかし、現在の世代は彼らの将来を心配せずにより良いライフスタイルを生きたいと望んでいるので、彼らの収入の大部分をガジェットや電化製品に費やすことによって西側の人々をコピーしています。

画像提供: