有糸分裂の段階は何ですか - との差

有糸分裂の段階は何ですか

細胞 分裂は、親細胞が2つ以上の娘細胞に分裂するプロセスです。真核生物において、細胞分裂は、有糸分裂および減数分裂として知られる2つの異なる種類に分類され得る。有糸分裂は、各娘が親細胞と遺伝的に同一である栄養分裂であり、減数分裂は、娘細胞中の染色体の数が半数体配偶子を生成するために半分にされる生殖分裂である。 2つの遺伝的に同一の娘細胞の作成は、有糸分裂の最終結果です。有糸分裂は、前相、中期、後期、および終期という4つの主要な段階を持ちます。これらについては、この記事で詳しく説明します。

この記事では、

有糸分裂とは何ですか
有糸分裂の段階は何ですか
- 前期
- 中期
- 後期
- テロフェーズ

有糸分裂とは何ですか

有糸分裂は真核生物における栄養細胞分裂であり、それは2つの娘細胞の間で親細胞の複製されたゲノムを分ける。 2つの細胞は遺伝的に同一であり、ほぼ同数の細胞小器官および細胞質を有する。有糸分裂期は細胞周期のM期と呼ばれる。真核生物は多数の染色体を有する。これらの染色体は、M期に入る前に、細胞周期の間期のS期の間に複製される。複製された染色体はそれらの動原体で一緒に結合された二つの姉妹染色分体を含む。

2つのタイプの有糸分裂が生物の間で同定され得る:開放型有糸分裂および閉鎖型有糸分裂。の間に オープン有糸分裂 動物では、染色体を分離するために核膜が分解されます。しかし、真菌では、染色体は無傷の核で分離されています。 クローズド有糸分裂.  

有糸分裂の段階は何ですか

有糸分裂の分裂は、前期、中期、後期、および終期の4つの主要な段階で行われます。縮瞳分裂は、細胞が有糸分裂に備えてそのDNAをコピーする段階である間期が先行する。複製された染色体は、間期での染色体凝縮によってしっかりとコイル状になっています。それらの動原体はまた、核分裂における重要な種類のタンパク質である動原体にも結合している。細胞分裂に必要なタンパク質は間期に合成され、細胞小器官を含む細胞成分はそれらの数を増加させる。有糸分裂を説明する概略図を図1に示す。 図1.


図1:細胞周期における有糸分裂

ステージ1:前期

前段階

前段階は、前段階の前に植物でのみ行われます。前期の間に、高空胞化植物の核は細胞の中心に移動する。細胞質は、フラモソームと呼ばれる横断シートによって細胞分裂面に沿って2つに分けられる。微小管と共にアクチンフィラメントのリングである前前期バンドは、前期中に形成され、有糸分裂紡錘体装置の将来の位置を示す。植物は、微小管の配位中心である中心体を持っていません。このようにして、スピンドル装置を独立して組み立てて、核の表面にスピンドルが形成される。スピンドル装置の形成は核膜を破壊する。

前段階

前期は有糸分裂における核分裂の最初の段階と考えられている。初期の早い段階で、核小体は消えます。染色体はしっかりとコイル状になり、有糸分裂紡錘体の形成が開始される。光学顕微鏡の高倍率下では、2つの姉妹染色分体を含み、動原体で一緒に結合されている染色体は、細くて長い糸のような構造として視覚化することができます。微小管の配位中心は中心体である。中心体は2つの中心体からなる。一対の中心体は、タンパク質繊維、後に微小管紡錘体装置に囲まれた核の近くに現れる。


図2:初期の前期

蛍光色素で染色された初期前期細胞は 図2。緑色の鎖は、その場所で解体している核の周りに確立された、動原体ではない微小管である。凝縮する染色体は青い色で表示されます。セントロメアは赤色に染色されています。

ステージ2:中期

前中期

核のエンベロープは、開いた有糸分裂の前中期の間に核ラミンのリン酸化によって消滅する。リン酸化された核ラミンは核膜の小さな膜小胞への崩壊を引き起こす。核エンベロープの崩壊は、微小管が核に侵入することを可能にする。動原体微小管は、後期前中期の染色体動原体中の動原体に結合している。有糸分裂紡錘体の成長は、極性微小管の相互作用によって起こる。染色された初期前中期細胞を図3に示します。微小管は崩壊する核に侵入して動原体を探し、動原体と集合しています。


図3:初期前中期

中期

動原体がセントロメアに位置した後、2つの中心体は微小管を収縮させることによって染色体を反対極に向かって引っ張る。緊張のために、染色体は中期で細胞の赤道板に整列します。中期チェックポイントは赤道板で染色体の均等な分布を確実にする。細胞は、後期に進むために中期チェックポイントを通過する必要がある。染色された中期細胞は 4。 2つの中心体は細胞の反対極にあり、紡錘体装置を確立する。


図4:染色された中期細胞

中期1と2の違い

ステージ3:後期

間に 後期A姉妹染色分体は、中心体によって生じる引っ張り張力によって分離され、2つの娘染色体を形成する。これらの娘染色体はさらに収縮する微小管によって反対の極に引き寄せられる。の間に 後期B極微小管は互いに押し合って細胞を伸長させる。染色体は後期後期にそれらの最大凝縮レベルにある。それらは核を改革するために隔離されています。染色された後期細胞は 5。 2つの染色体セットが動原体微小管によって引き離され、細胞がさらに引き離されます。


図5:染色された後期細胞

ステージ4:終期

収縮した微小管が緩み、細胞がさらに長くなります。2つの染色体セットは反対極にあります。新しい核のエンベロープが形成され、早期に崩壊する親細胞の膜小胞によって各染色体セットを囲みます。したがって、遺伝的に同一の2つの新しい核が現れます。各核の内側の染色体は有糸分裂を完了するために分離される。染色された終期細胞は図3に示される。 6。微小管の緩みは細胞を長くする。


図6:終期

概要

有糸分裂は真核生物の無性生殖の間に起こり、それは遺伝的に同一の2つの娘細胞を作り出す。ゲノム中のDNAは、有糸分裂期に入る前に起こる間期の間に複製される。複製DNAは、それらの凝縮形態の染色体中に2つの姉妹染色分体を含む。細胞質内の細胞小器官もまた、間期にそれらの数を増加させる。細胞の間期には細胞分裂期が続き、細胞数が増加します。

有糸分裂は主に4つの段階から構成されています:前期、中期、後期および終期。染色分体は、前期の間に染色体に凝縮される。これらの染色分体は、成形スピンドル装置によって細胞の赤道板内に整列される。染色体の動原体に接続されている動原体微小管は収縮し、動原体に張力を生じさせ、これが2つの姉妹染色分体を後期で一緒に保持する。この緊張は動原体における凝集タンパク質複合体の開裂をもたらし、2つの姉妹染色分体を分離し、2つの娘染色体を産生する。これらの娘染色体は、分裂期の最終段階である終期の間に動原体微小管のさらなる収縮によって反対極に向かって引っ張られる。 M期が完了した後、親細胞は、細胞質分裂として知られる細胞質分裂を受け、その結果、遺伝的に同一の2つの分離した細胞が得られる。

参照:
「有糸分裂」。 En.wikipedia.org N.p.、2017。Web。 2017年3月9日。

画像提供:
1.「有糸分裂図式図」en * Schemazeichnung_Mitose.svg:* Diagrama_Mitosis.svg:日本語翻訳:マット(Diagram)Diagrama_Mitosis.svg:ジュリアナのオソディオリダクティブ・ワーク:M3.dahl(talk) - Schemazeichnung_Mitose.svgDiagrama_Mitosis.sv