間葉と中胚葉の違い - との差

間葉と中胚葉の違い

主な違い - 間葉対中胚葉

間葉および中胚葉は、原腸陥入中に発生する2つのタイプの未分化細胞です。原腸形成は、動物の胚発生中に3つの一次胚葉、内胚葉、中胚葉、および外胚葉が発生する過程である。中胚葉は胚発生にのみ現れるが、間葉は動物の一生を通じて見られる。間充織は同様にいくつかの病理学的状態を引き起こす。の 主な違い 間葉と中胚葉の間にあるのは 間葉は、結合組織、軟骨、骨などに発達する胚の中胚葉の一部です。 一方 中胚葉は後生動物の胚における3つの胚葉の1つであり、胚発生を通じて中胚葉は成体の内臓を作り出す。

対象分野

1.間充織とは
      - 定義、構造、形成、役割
中胚葉とは何ですか
      - 定義、構造、形成、役割
間葉と中胚葉の違いは何ですか。
      - 主な違いの比較

キーワード:間葉、中胚葉、原腸形成、胚発生、内胚葉、外胚葉、胚葉、侵入


間充織とは何ですか

間充織は、タンパク質および液体のメッシュを有する細胞外マトリックスに埋め込まれた遊離細胞からなる一種の動物組織である。間充織組織はゆるく流動性があるため、胚と胎児の発育中に胚葉層の間を移動することができます。間葉は、結合組織、骨、軟骨、リンパ系、および心血管系を引き起こす。間葉の大部分は中胚葉に由来し、小部分は外胚葉に由来する。神経堤は、外胚葉から派生した間葉系に特化しています。原腸形成の間に、上皮間葉転換(EMT)は胚の中胚葉層を生じさせる。 EMTは、胚発生後も体内の細胞増殖および組織修復に大きな役割を果たしています。 EMTは、過剰な線維性結合組織の発生である線維症および体内の器官間の疾患の広がりである転移を含む、多くの病理学的過程を引き起こす。間葉組織と上皮組織との間の移行は、体内での臓器の形成も助けます。対照的に、脂肪、骨髄、筋肉、乳児の歯、および歯髄に少量見られる間葉系幹細胞は固定細胞です。


図1:間充織

中胚葉とは何ですか

中胚葉は3胚葉の真ん中です。したがって、中胚葉は外胚葉と内胚葉の間に位置しています。中胚葉は、筋肉、骨、軟骨、結合組織、骨髄、血液、リンパ管、体腔、そして腎臓、子宮、生殖腺などの臓器を生じます。原腸形成の間、エピブラスト細胞の波は、進入と呼ばれる過程で原始線条を通って移動する。移動する細胞の最初の波の間に、EM​​Tが起こり、低芽細胞を置き換え、内胚葉になります。遊走中のエピブラスト細胞の第二波は、内胚葉に入り、中胚葉層を形成する。中胚葉層は、近軸中胚葉、中間中胚葉、外側板中胚葉、心臓形成性中胚葉、およびノトコンドリア正中線管を生じる。中胚葉が形成されると、残りの外胚葉細胞が侵入して外胚葉を形成する。胚の中胚葉は、 図2.


図2:中胚葉の断面

間葉と中胚葉の違い

定義

間充織:間葉は、結合組織、軟骨、骨などに発達する胚の中胚葉の一部です。

中胚葉: 中胚葉は後生動物の胚における3胚葉の1つです。

ロケーション

間充織: 間葉は中胚葉に位置しています。

中胚葉: 中胚葉は、外胚葉と内胚葉の間に位置しています。

分化

間充織: 結合組織、血管、リンパ管、軟骨、および骨は、間葉に由来します。

中胚葉: 結合組織、骨、軟骨、筋肉、血管および血管、リンパ器官およびリンパ管、心膜、脊索、胸膜、腎臓、および生殖腺は中胚葉に由来する。

外観

間充織: 間葉は動物の生活のあらゆる段階で現れます。

中胚葉: 中胚葉は胚発生にのみ現れる。

結論

間葉および中胚葉は、動物に見られる2つの非特異的細胞型です。中胚葉は胚の3つの主要な胚葉の1つです。それは結合組織、骨、軟骨、筋肉、血管と血管、リンパ器官とリンパ管、そして体内の器官を生み出します。間葉は、胚発生後も体内に出現し、体内の細胞増殖および組織修復に重要な役割を果たしています。病理学的状態のような線維症および転移は、間葉の欠損のために起こり得る。間葉と中胚葉の主な違いは、体内での機能にあります。

参照:

1.「胚プロジェクト百科事典」。胚プロジェクト百科事典。 N.p.、n.d.ウェブ。