慈悲と許しの違い - との差

慈悲と許しの違い

主な違い - 慈悲と許し

慈悲と赦しは、いくつかの文脈では同じ意味で使うことができる2つの用語です。ただし、この2つの用語にはそれぞれ固有の意味があります。 慈悲は厳しく扱われることができる誰かの種類または寛容な扱いを指します。許しとは、怒りを手放すこと、および人に対する憤りを意味します。 これは 主な違い 慈悲と許しの間。

この記事では、見ていきます。

1.慈悲の意味 - 慈悲という言葉の意味、特徴、および用法

許しとはどういう意味ですか - 許しという言葉の意味、特徴、および用法

3.慈悲と許しの違いは何ですか


マーシーとは

慈悲は、倫理的、社会的、宗教的および法的な文脈の中で許し、慈悲、および優しさを指すことができる広い用語です。 「慈悲深い神」という概念は、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教などの多くの宗教に見られるため、慈悲という言葉は宗教で特に使用されています。施しや病気の世話をするなどの親切な行為も慈悲の行為と見なされます。

法的および社会的な文脈では、慈悲は誰か、特にあなたが権限を持っている人に対して示された思いやりまたは許しの性質として説明することができます。たとえば、裁判官が有罪判決に向けて慈悲を示している状況を考えてみましょう。慈悲は痛みや苦しみからの救済を指すこともできます。例えば、慈悲殺害は、痛みを伴う不治の病に苦しむ患者を殺すことです。

彼女はひざまずいて頼みました 慈悲。

この悪質な犯罪者は慈悲に値するものではありません。

彼は容赦なく彼ら全員を殺した。

容赦のない力は非常に危険です。


慈悲の作品

許しとは何ですか

許しとは、誰かを許すことです。その人に対して怒りや憤慨を感じたり、その人が犯した間違いや欠陥のために憤慨しているのをやめたときは、その人を許します。それは、犯罪や犯罪の被害者がその犯罪についての感情や態度の変化を経験し、そのような復讐、憎悪、怒りなどの否定的な感情を手放す意図的かつ自発的なプロセスです。一般的に、犯罪者は彼を許すために何らかの形の謝罪、承認などを申し出なければなりません。

赦しの性質は世界のほとんどの宗教で教えられています。さらに、最近の研究では、許した人は恨みや憤りを抱いている人よりも幸せで健康的であることがわかりました。

彼らは彼女の許しを懇願した。

宗教は人々に許しの価値を教えます。

彼は間違いを犯したときに許しを求めるのは早かった。


慈悲と許しの違い

定義

慈悲 誰か、特に誰かに対してあなたが権威を持っている人に向けて示される思いやりや許しです。

許し 過去の恨みを手放すか、人に対する怒りを長引かせています。

救済

慈悲 苦しみや痛みからの救済も指すことができます。

許し 憤りや怒りを手放すことを指すことができます。

陽性

慈悲 許し、慈悲、思いやりの組み合わせです。

許し 前向きな気持ちです。

画像提供:

「許しを求める」