減数分裂1と減数分裂2の違い - との差

減数分裂1と減数分裂2の違い

主な違い - 減数分裂1対減数分裂2

減数分裂は減数分裂1と減数分裂2に分けられる。生物の有性生殖に必要な配偶子は減数分裂を通して産生される。減数分裂1と2の両方の段階は、前期、中期、後期、終期という4つのフェーズで構成されています。減数分裂1において、相同四分子は2つの娘細胞に分けられる。1つの娘細胞において得られた二価染色体は、それぞれ単一の姉妹染色分体を含む2つの娘細胞に分けられる。親細胞からの各染色体の単一の姉妹染色分体を含む4つの娘細胞が形成される。の 主な違い 減数分裂1と減数分裂2の間にあるのは 減数分裂1の間、染色体交差は前期1で起こり、遺伝的組換えを導くが、染色体交差は減数分裂2の間に同定されない。

減数分裂とは何ですか1
      - 段階、プロセス、機能
減数分裂2は何ですか
      - 段階、プロセス、機能
3.減数分裂1と減数分裂2の違いは何ですか


減数分裂とは何ですか1

減数分裂1は細胞周期の初期期間で、その後に減数分裂2が続きます。減数分裂1の間、相同染色体は2つの娘細胞に分離され、親細胞の染色体数に対して染色体数を半分に減らします。減数分裂1は、前期1、中期1、後期1、終期1の4つのフェーズで構成されています。 前期1すなわち、相同染色体はシナプスとして知られる事象によって対にされる。シナプスの間、遺伝的変異は2つの方法で認められます。第一は、細胞赤道における相同染色体の対の独立した配向である。これは 独立した品揃えの法則ランダムな性質で、母性染色体と父性染色体の分離を可能にします。第二に、 染色体クロスオーバー 前期1の間に非姉妹染色分体が分裂すると、染色体の遺伝的組換えが起こり、遺伝性染色体中に対立遺伝子の新たな組み合わせが生じる。


図1減数分裂の概要

染色体の外観に応じて一連の前期相が同定され得る。それらは、レプトテン、接合体、パキテン、外交官、ジアキネシスおよび同期過程である。これらの段階を通して、核小体の消失、細胞質の反対極における2つの中心体間の減数分裂紡錘体の形成、核膜の消失、および紡錘体微小管による核の浸潤が順次起こる。前期1は減数分裂を完了するのにかかる時間の90%を消費する。

の間に 中期1すなわち、相同染色体対が細胞赤道に配置されている。各極からの単一の動原体微小管は、相同染色体対の1つの動原体と接続されている。発生する張力による動原体微小管の収縮により、染色体アームの凝集タンパク質が切断され、相同染色体が互いに結合する。 後期1。分離した染色体は、キネトコア微小管収縮により、反対側の極に引き寄せられます。 終期1.

終期1の完了後、新たな核エンベロープが反対極の染色体周囲に形成される。終期1の後に 相互運動、 これは、2つの娘細胞の細胞質を分けることによる休止期です。

減数分裂2は何ですか

減数分裂の第二の部門は、二価染色体の均等な分離と分離に関与する減数分裂2です。減数分裂2は、有糸分裂(栄養細胞分裂)と物理的に類似しているだけであり、遺伝的には一倍体細胞を産生し、二倍体細胞から出発して後で配偶子として使用される。減数分裂2は4つの連続した段階を経て進行します:前期2、中期2、後期2および終期2。

の間に 前期 2、核膜および核小体は消失し、染色分体を厚くして染色体を形成する。新しい中心体のペアは、減数分裂1細胞赤道に対して90度回転した位置にある2番目の細胞赤道の反対極に現れます。第二のスピンドル装置は、二つの新しい中心体から形成される。の間に 中期2すなわち、個々の染色体の動原体は、両側から2つの動原体微小管に付着している。染色体は2番目の細胞赤道上に整列しています。

の間に 後期2すなわち、動原体コヒーシンは切断され、2つの姉妹染色分体を分離する。の間に 終期2、分離された姉妹染色分体は姉妹染色体として知られているが、動原体微小管の収縮によって反対極に向かって移動する。染色体の脱縮合、ならびに紡錘体装置の分解は、終期2の終わりを示す。核膜および核小体は、細胞質の分裂に続いて形成され、これはとして知られている。 細胞質分裂.


図2減数分裂1および2の段階

減数分裂1と減数分裂2の違い

同型/異型部

減数分裂1: 減数分裂1は、親細胞と比較して、娘細胞における染色体数を半分に減少させる、異型分裂である。

減数分裂2: 減数分裂2は、親細胞と娘細胞の両方の染色体数を等しくする同型分裂である。

染色体

減数分裂1: 相同染色体は減数分裂の最初に存在します1。

減数分裂2: 個々の、二価の染色体は減数分裂2の始めに存在します。

フェーズ

減数分裂1: 前期1、中期1、後期1および終期1は減数分裂1の4期である。

減数分裂2: 前期2、中期2、後期2および終期2は減数分裂2の4期である。

結果

減数分裂1: 個々の染色体は娘核に存在する。

減数分裂2: 姉妹染色分体に由来する姉妹染色体は、娘核に存在する。

末尾のドーターセル数

減数分裂1: 単一の親細胞から2つの娘細胞が産生される。

減数分裂2: 減数分裂1で産生された2つの娘細胞は別々に分割されて4つの細胞を産生する。

クロスオーバー

減数分裂1: 染色体交差は、姉妹染色分体間で遺伝物質を交換することによって、前期1の間に起こる。

減数分裂2: 前期2の間に染色体の交差は起こらない。

複雑さと所要時間

減数分裂1: 減数分裂1はより複雑な部門です。そのため、時間がかかります。

減数分裂2: 減数分裂2は比較的単純で、分裂にかかる時間は短くなります。

間期

減数分裂1: 間期には減数分裂が続く1。

減数分裂2: 減数分裂の前に間欠期は起こらない2。休止期である間運動性運動が起こることがある。

コヒーシン複合体の切断

減数分裂1: 相同染色体の腕のコヒーシンタンパク質複合体は切断される。

減数分裂2: セントロメアにおけるコヒーシンは、2つの姉妹染色分体を分離するために切断される。

結論

減数分裂は、生物の性的繁殖中に配偶子を産生するメカニズムです。減数分裂は、減数分裂1と減数分裂2の2段階で起こります。各段階は、前期、中期、後期、終期という4つのフェーズで構成されています。減数分裂1の間、相同染色体ペアは独立した品揃えの法則に従います。染色体交叉は、交叉で非姉妹染色分体の間で起こり、遺伝的組換えを通して対立遺伝子の新しい組み合わせを生み出すことにつながる。二倍体親細胞の相同染色体は、減数分裂1で2つの半数体娘細胞に分けられる。減数分裂2は、減数分裂1で産生される親細胞と減数分裂2で産生される娘細胞の染色体数を等しくする。減数分裂1と減数分裂2の主な違いは、減数分裂1では遺伝子組換えが起こり、減数分裂2ではDNAの組換えが見られないことです。

参照:
1.「減数分裂」ウィキペディア。ウィキメディア財団、2017年3月9日。ウェブ。 2017年3月10日。

画像提供:
1. cat.nashによる「配偶子の生産」