ゆるい結合組織と密な結合組織の違い - との差

ゆるい結合組織と密な結合組織の違い

主な違い - ゆるいvs密接な結合組織

緩い結合組織と密な結合組織は、人体の2種類の結合組織です。結合組織は、体内の他の種類の組織間の表面を埋めます。それは他の組織に代謝と構造の両方のサポートを提供します。結合組織は細胞とその細胞外マトリックスで構成されています。細胞外マトリックスは、タンパク質繊維および多糖からなる。の 主な違い 緩い結合組織と密な結合組織の間には ゆるい結合組織はスペースが詰まったタンパク質繊維からなり、高密度の結合組織は密に詰まったタンパク質繊維からなる。 ゆるい結合組織の3つのタイプは、扁平組織、脂肪組織、および網状組織です。 3つのタイプの高密度結合組織は、高密度規則組織、高密度不規則組織、および弾性組織である。網状、コラーゲン、およびエラスチンは、結合組織に特異的に存在する3種類のタンパク質繊維です。

対象分野

1.緩い結合組織とは
      - 定義、特性、機能
2.密結合組織とは
      - 定義、特性、機能
3.ゆるい結合組織と密な結合組織の類似点
      - 共通機能の概要
4.ゆるい結合組織と密な結合組織の違いは何ですか
      - 主な違いの比較

主な用語:脂肪、乳輪、コラーゲン、緻密結合組織、稠密不規則、稠密レギュラー、エラスチン、ゆるい結合組織、網状


緩い結合組織とは

緩い結合組織は、ゆるく配置されたコラーゲン繊維を有する結合組織の一種です。しかしながら、それは多くの細胞からなる。緩い結合組織は、脊椎動物における最も一般的な種類の結合組織であり、臓器を所定の位置に保持し、上皮組織を下にある組織に付着させます。それは主に血管と神経を取り囲んでいます。線維芽細胞は、ゆるい結合組織中に広く分散しており、タンパク質繊維およびプロテオグリカンを細胞外マトリックスに分泌している。ゆるい結合組織は、細胞外マトリックス中のタンパク質繊維の種類および繊維の織り方に基づいて分類される。


図1:緩い結合組織

ゆるい結合組織の3つのタイプは、扁平、脂肪、および網状結合組織です。最も豊富な種類のゆるい結合組織は、扁平性および脂肪性です。それらは血管、神経、および導管が組織を通過する場所で起こる。扁平および脂肪組織の最も特徴的な特徴はそれらの弾力性です。これは、体の動きの間に血管および他の器官に生じる伸張に適応することを可能にする。小腸および脂肪結合組織もまた、衝撃を吸収して体内の組織を保護する。網状結合組織は、臓器、腺、およびリンパ節の周囲にフレームワークを形成します。各タイプのゆるい結合組織の位置と機能は、 表1。

ゆるい結合組織の位置と機能

タイプ

ロケーション

関数

乳輪結合組織

上皮組織の下

- 下層組織に上皮を付着させる

- 上皮に酸素と栄養素を供給します

脂肪結合組織

臓器周辺および皮膚下

- 臓器のクッションと絶縁

- 脂質を収納

網状結合組織

腎臓、肝臓、脾臓の周り

- 柔らかい臓器の構造的枠組みを形成する

緻密結合組織とは

密結合組織は、主要マトリックス成分がタンパク質繊維である結合組織の種類です。これは、緻密な結合組織がマトリックス内の多数のタンパク質繊維からなることを意味します。密結合組織の主な繊維成分はコラーゲン繊維です。緻密な結合組織は伸びに強いので、臓器や組織に強度を与えます。関節の腱と嚢と呼ばれる帯は、密な結合組織によって形成されています。腱は筋肉を骨につなぐための密な結合組織によって作り出されるもう一つの構造です。筋肉は密な結合組織の層で覆われています。真皮は、高密度の結合組織の最大の単一の塊を含んでいます。密結合組織は、組織内のコラーゲン繊維の織り方に基づいて分類されます。密集した規則的で不規則な結合組織は、 図2.


図2:緻密結合組織

3種類の高密度結合組織は、規則的組織、不規則的組織、および弾性組織である。の 密な規則的結合組織 単一方向に平行に配置されたコラーゲン繊維を含みます。それは力が単一の方向に向けられる腱のような構造を形成する。の 不規則な結合組織 すべての方向に走るコラーゲン繊維を含みます。この組織は多方向の力に耐えることができ、それは大きな結合組織シートに見られる。高密度の規則的および高密度の不規則な結合組織はどちらも非弾性である。の 濃い 弾性組織 それは弾性であり、それが主にエラスチン繊維で構成されている唯一の種類の高密度結合組織です。したがって、高密度の弾性組織は黄色であり、他の高密度の結合組織は白色である。緻密な弾性組織は、肺組織や血管などの連続的な伸縮を示す臓器に発生します。

ゆるい結合組織と密な結合組織の類似点

  • 緩い結合組織と密な結合組織は、体内の結合組織の2つのタイプです。
  • 緩いおよび密な結合組織は両方とも細胞と細胞外マトリックスで構成されています。
  • 緩い結合組織と密な結合組織の両方が構造的な支えを提供し、体内のさまざまな種類の組織を結合します。

ゆるい結合組織と密な結合組織の違い

定義

緩い結合組織: 緩い結合組織は、上皮、臓器を所定の位置に保持しながら、血管、神経、および臓器を囲む結合組織の一種です。

緻密結合組織: 緻密結合組織は、多数のコラーゲン繊維を含み、主に身体の構造部分を形成する組織間の強い結合を提供する結合組織の一種です。

セル数

緩い結合組織: 緩い結合組織は多くの細胞からなる。

緻密結合組織: 密結合組織はより少ない細胞からなる。

線維芽細胞/線維細胞

緩い結合組織: ゆるい結合組織は主に線維芽細胞を含む。

緻密結合組織: 密な結合組織は主に線維細胞を含む。

繊維

緩い結合組織: ゆるい結合組織は、ゆるく配置された繊維からなる。

緻密結合組織: 緻密結合組織は多数の太い繊維からなる。

タイプ

緩い結合組織: ゆるい結合組織の3つのタイプは、扁平組織、脂肪組織、および網状組織です。

緻密結合組織: 3つのタイプの高密度結合組織は、高密度規則性、高密度不規則性、および弾性組織である。

関数

緩い結合組織: ゆるい結合組織の主な機能は、血管、リンパ管、神経、筋繊維、臓器、および皮膚のための支持マトリックスとして機能することです。

緻密結合組織: 密な結合組織は、強くてロープ状の構造を形成することによって腱と靭帯を作り出します。

結論

緩い結合組織と密な結合組織は、動物に見られる2種類の結合組織です。結合組織は主に軟質器官に構造的支持を提供する。それはまた上皮組織に栄養素そして酸素を供給するのを助けます。ゆるい結合組織はゆるく配置された繊維を含み、一方、密な結合組織は重く配置された繊維を含む。したがって、緩い結合組織と密な結合組織との主な違いは、各タイプの結合組織における細胞外マトリックス内の繊維の密度です。

参照:

1.「結合組織が緩んでいる」。