ローカル変数とグローバル変数の違い - との差

ローカル変数とグローバル変数の違い

主な違い ローカル変数とグローバル変数の間には プログラムでは、ローカル変数は関数内で宣言され、グローバル変数は関数外で宣言されています。

変数はメモリの場所に付けられた名前です。プログラムを通してそのメモリ位置に格納された値を操作するのに使用することができます。 Cなどのプログラミング言語には、2種類の変数があります。これらは、ローカル変数とグローバル変数です。ローカル変数は関数内で宣言されており、その関数からのみアクセスできます。一方、グローバル変数はプログラム内の関数の外側で宣言されています。プログラム全体のどのステートメントからでもアクセスできます。

対象分野

1.ローカル変数とは
- 定義、機能
グローバル変数とは
- 定義、機能
3.ローカル変数とグローバル変数の違い
- 主な違いの比較

主な用語

グローバル変数、ローカル変数、メモリ位置


ローカル変数とは

機能または方法は、特定のタスクを実行する一連の命令です。ローカル変数は、関数内で宣言された変数です。その特定の機能内でのみアクセス可能です。同じプログラムの他の関数はその変数にアクセスできません。他の関数からローカル変数を評価するとエラーになります。

プログラムの実行はmainメソッドから始まります。 mainメソッドが関数を呼び出すと、制御はmainメソッドからその関数に渡されます。ローカル変数は関数が実行されるまで存在します。その機能の実行が完了した後、制御はmainメソッドに渡されます。したがって、ローカル変数は関数が実行されるまでしか存在しません。関数の実行終了後、ローカル変数は破棄されます。


図1:ローカル変数

上記のプログラムでは、 'a'と 'b'の値がcalculate_area関数に渡されます。その関数の中に、areaという新しい変数が作成されます。この変数はローカル変数です。その関数内でのみアクセス可能です。 mainメソッド内ではアクセスできません。

グローバル変数とは

グローバル変数は、プログラム内のすべての関数の外側で宣言されている変数です。 1つのプログラムに複数の機能を含めることができます。これらすべての関数はこれらのグローバル変数にアクセスできます。したがって、グローバル変数は他の関数によって値が変更される可能性があるため、あまり安全ではありません。グローバル変数は、プログラム全体の実行が完了するまで存在します。

グローバル変数は、複数の機能が同じデータを処理するときに役立ちます。一方、グローバル変数の値は変更される可能性があるため信頼できません。


図2:グローバル変数

上記のプログラムで、「a」と「b」はグローバル変数です。したがって、これらの変数はsumおよびincrement_values関数内でアクセス可能です。 sum関数はaとbの合計を出力します。 increment_values関数は、 'a'と 'b'の値を1ずつ増やします。mainメソッドで 'a'と 'b'の値を印刷するとき、インクリメントされた値を印刷します。したがって、グローバル変数はプログラム内のすべての関数からアクセス可能です。

ローカル変数とグローバル変数の違い

定義

ローカル変数は、コンピュータプログラムの関数内で宣言されている変数です。グローバル変数は、コンピュータプログラムの機能の外側で宣言されている変数です。これがローカル変数とグローバル変数の基本的な違いです。

連想性

さらに、ローカル変数は宣言された関数内でのみアクセス可能ですが、グローバル変数はプログラム内のすべての関数からアクセスできます。

存在

ローカル変数とグローバル変数のもう一つの重要な違いはそれらの存在です。関数が実行されるまでローカル変数が存在します。ローカル変数は、関数が実行を開始したときに作成され、関数の実行が完了したときに破棄されます。一方、グローバル変数はプログラムの実行中ずっと存在し続けます。

信頼性

さらに、ローカル変数は、他の機能によって値が変更されることがないため、より信頼性が高く安全です。逆に、グローバル変数は複数の関数によってアクセス可能です。そのため、その値を変更することができます。

結論

Cなどのプログラミング言語には、ローカル変数とグローバル変数という2種類の変数があります。ローカル変数とグローバル変数の違いは、ローカル変数は関数内で宣言され、グローバル変数はプログラム内の関数外で宣言されることです。

参照:

1.「Cの機能」 Www.tutorialspoint.comチュートリアルポイント、