乳房組織と脂肪組織の違い - との差

乳房組織と脂肪組織の違い

主な違い 扁平組織と脂肪組織の間に 脂肪組織が脂肪の貯蔵庫および断熱材として機能するのに対し、乳房組織は臓器間の空間を埋め、内臓を支えます。さらに、脂肪組織が内臓の間に発生する一方で、暈組織が皮膚と筋肉の間および血管と神経の周囲に発生する。

小腸および脂肪組織は、身体の内部構造間に生じる2種類の緩い結合組織であり、輸送および構造的支持のための媒体を提供する。

対象分野

乳輪組織とは何ですか。
     – 定義、構造、機能
脂肪組織とは
     – 定義、構造、機能
3.乳房組織と脂肪組織の類似点は何ですか。
     – 共通機能の概要
4.乳房組織と脂肪組織の違いは何ですか
     – 主な違いの比較

主な用語

脂肪組織、乳輪組織、線維芽細胞、位置、緩い結合組織


乳輪組織とは

恥骨組織は、ゆるい結合組織の最も一般的な形態の1つです。それは真皮と皮膚の皮下層の両方に起こります。皮膚の下の筋肉に付着します。それは粘膜、血管、そして神経の周りにも起こります。多くの細胞は、扁平組織の繊維網目構造全体に散在している。これらの細胞は、線維芽細胞、形質細胞、脂肪細胞、肥満細胞、およびマクロファージです。


図1:乳房組織

扁平組織の重要な機能は、支持、強度、および弾力性です。

脂肪組織とは

脂肪組織は、脂肪をトリグリセリドの形で体内に蓄えるゆるい結合組織の形です。それは、心臓、腎臓、関節、および臀部の周りの皮膚の下に厚い層を形成する。脂肪組織中の最も顕著な種類の細胞は脂肪細胞である。各脂肪細胞は脂肪の単一の大きな液滴で満たされています。脂肪がその空間の大部分を占めるので、細胞質と細胞の核が端に押し出されます。


図2:脂肪組織

脂肪組織の主な機能は、皮膚を通しての熱損失を減らすのを助ける断熱層として機能することです。それはまた内臓を機械的に保護します。脂肪組織は脂肪を貯蔵するのでエネルギー源です。

乳房組織と脂肪組織の類似点

  • 扁桃および脂肪組織は、2種類の緩い結合組織、脊椎動物の最も一般的な種類の結合組織です。
  • それらは細胞外マトリックスに分散した細胞からなる。
  • これらの組織に見られる3種類の繊維は、コラーゲン繊維、弾性繊維、および網状繊維です。
  • どちらも内臓を所定の位置に保持し、上皮組織を下にある組織に付着させるのに役立ちます。

乳房組織と脂肪組織の違い

定義

乳房組織:コラーゲン繊維、網状繊維、およびいくつかの弾性繊維を含む、体内に広く分布している緩い結合組織の一種

脂肪組織: 脂肪の主要な貯蔵場所として機能する特殊なタイプの緩い結合組織

発生

乳房組織: 皮膚と筋肉の間、そして血管と神経の周り

脂肪組織: 皮膚の下および内臓の周り

細胞の種類

乳房組織: 線維芽細胞、形質細胞、脂肪細胞、肥満細胞、マクロファージ

脂肪組織: 脂肪細胞

関数

乳房組織: サポート、強さ、そして弾力性を提供

脂肪組織: 断熱材、機械的保護、およびエネルギー貯蔵

結論

脂肪組織が脂肪の貯蔵庫および断熱材として機能する間、乳房組織は内臓間の空間を満たして輸送を容易にする。扁平組織と脂肪組織はどちらも緩い結合組織です。脂肪組織は脂肪細胞からなるのに対し、乳房組織は主に線維芽細胞からなる。乳房組織と脂肪組織の主な違いは構造と機能です。

参照:

1.「乳房組織」尿検査 - 尿の成分。