同種スペシエーションと同所的スペシエーションの違い - との差

同種スペシエーションと同所的スペシエーションの違い

主な違い - 同所性と同所性スペシエーション

同種スペシエーションと同所スペシエーションは、既存の種からの新種の形成に関わる2つの主要なメカニズムです。既存の種から新しい種を形成するプロセスはアナジェネシスと呼ばれます。アナジェネシスは、集団内の個体の生殖的隔離によって起こる。の 主な違い 同種スペシエーションと同所スペシエーションの間には 同種異系スペシエーションは、倍数性のために新たな異なる種が進化した場合に発生するのに対して、同種スペシエーションは、個体の遺伝的繁殖的分離を引き起こす外因性バリアによって生物集団が分離された場合に発生する。

カバーする主な分野

同種スペシエーションとは
      - 定義、機能、例
同所的スペシエーションとは
      - 定義、種類、特徴、例
同種スペシエーションと同所的スペシエーションの類似点
      - 共通機能の概要
4.同種スペシエーションと同所的スペシエーションの違いは何ですか
      - 主な違いの比較

Kayターム:同種異系スペシエーション、異質倍数体スペシエーション、アナジェネシス、自己倍数体スペシエーション、外因性バリア、パラパティックスペシエーション、周縁スペシエーション、倍数性、生殖分離、同所性スペシエーション


同種スペシエーションとは

同種異系スペシエーションとは、人口がその祖先から地理的に孤立している場合の、新種の出現を指します。同種スペシエーションは、最も一般的な種類のスペシエーションです。地震、砂漠、山、湿地、そして氷原によって起こる地形などの外因性の障壁により、特定の人口が地理的に離れていることがあります。人口が地理的に2つに分けられると、遺伝子の流れは2つの間で止まります。それから、それぞれの人口は彼らが住んでいる2つの環境の異なる選択圧力のために遺伝的に異なるようになります。分離後、小集団は創始者効果を受けるので、異なる集団頻度を含み得る。このように、自然淘汰と遺伝的漂流は2つの集団に異なった働きをします。


図1:同種スペシエーション

最終的には、2つの異なる遺伝的背景が出現し、交配できない新種が育ちます。分離距離が大きいほど、2つの種の区別が大きくなります。ダーウィンのフィンチとグランドキャニオンのリスは同種異系スペシエーションの例です。同種スペシエーションは、 図1

同義スペシエーションとは

同じ生息地の個体が互いに生殖的に孤立しているときに起こるスペシエーションは、同所的スペシエーションと呼ばれます。同所的種分化は、ほとんど倍数性を介して発生します。子孫が集団中の正常な染色体数より多くを受け継ぐとき、この子孫は集団の正常な染色体数を含む個体で繁殖することができない。これにより、同じ集団内で生殖隔離が生まれます。同所性種分化は主に植物で起こり、動物ではまれです。植物は自己複製することができるので、倍数体の子孫はそれら自身によって新たな異なる世代を生み出すことができる。同種スペシエーションの2つのタイプは、異数倍数体スペシエーションと自己倍数体スペシエーションです。


図2:同所的スペシエーション

異質倍数体のスペシエーション

2つの異なる種の交雑は、異数倍数体種分化において3番目の種を生み出すでしょう。 3番目の種は、2つの元の種との交配ができません。ほとんどの場合、2つの親種はそれらの染色体数によって互いに異なります。コムギおよびシロイヌナズナの植物は、異質倍数体の種分化の​​例です。

自己倍数体のスペシエーション

自己倍数体の種分化では、元の集団の染色体数を2倍にすることによって新しい種が産生されます。子孫は2倍の染色体数で構成されているため、元の種との交配はできません。ジャガイモは自己倍数体の種分化の​​一例です。同所的なスペシエーションは、 図2.

同種スペシエーションと同所的スペシエーションの類似点

  • 同所性および同所性の両方の種分化は、集団内の個体の生殖的隔離によって生じる。
  • どちらのプロセスも、既存の種から新たに異なる種を進化させることに関与しています。
  • 新しい種は既存の種と交配することができません。

同種スペシエーションと同所的スペシエーションの違い

定義

同種異系スペシエーション: 同種異系種分化は、内因性の繁殖隔離を発展させる、外因性の障壁による生物集団の物理的隔離です。

同所的スペシエーション: 同所性種分化は、同じ生息地に住んでいる間の単一の祖先種からの新種の進化です。

地理的な分離

同種異系スペシエーション: 同種異系スペシエーションは、地理的分離を通じて行われます。

同所的スペシエーション: 地理的分離は、同所的なスペシエーションには必要ありません。

主な分化メカニズム

同種異系スペシエーション: 同種異系スペシエーションの主な分化メカニズムは自然淘汰です。

同所的スペシエーション: 同所性種分化の主な分化メカニズムは倍数性です。

新興新種のスピード

同種異系スペシエーション: 新種の出現の速度は同種異系種分化では遅いです。

同所的スペシエーション: 新種の出現速度は、自己倍数性では速く、異数性倍数性では遅くなります。

周波数

同種異系スペシエーション: 同種異系スペシエーションは本質的に一般的です。

同所的スペシエーション: 同所的種分化は植物では一般的です。

同種異系スペシエーション: グランドキャニオンでのダーウィンのフィンチとリスは同種異系スペシエーションの例です。

同所的スペシエーション: 栽培されている小麦、トウモロコシ、タバコ、そしてアフリカのティラピアは、同所性の種分化の​​例です。

結論

同種スペシエーションと同所的スペシエーションは、スペシエーションの2つの主要なメカニズムです。同種および同所性の両方の種分化は、同一種の個体の生殖的隔離により生じる。同種異系スペシエーションでは、地理的障壁は、集団の個体内での交配に対する物理的障壁として機能します。同所性の種分化では、遺伝的不適合性が生殖障害として機能します。したがって、同じ集団内の個体は独立して2つの種に変化します。同種スペシエーションと同所的スペシエーションの主な違いは、各メカニズムの生殖的隔離に関わる障壁の種類です。

参照:

1.「同種異系スペシエーション」進化 - A-Z。ブラックウェル出版、n.d。ウェブ。